借金解決を弁護士に依頼するとブラックリストに載る?

返済予定の立たない借金は弁護士に依頼し、法的に解決してもらいましょう。債務整理をするとブラックリストに載りますが、返済できない状況にあるなら仕方のないことです。ブラックになって一切のローンが利用できなくなっても、家計管理をしっかりと行えば収入の範囲で生活はできます。

ブラックリストを機会に借金をしない生活を目指してみましょう。

(借金を返せず裁判を起こされても弁護士に依頼すれば差し押さえを回避できる?)

債務整理をするとブラックリストに載ります

ブラックリストに載る状態というのは、個人信用情報機関にネガティブ情報が残っている状況です。金融機関から要注意人物とみなされ、新規のローン契約ができなくなりますし、現在契約中のローンからも追加融資は受けられません。

ブラックリストに確実に載ってしまう状況には債務整理があり、任意整理・個人再生・自己破産などはすべて登録されます。登録期間は5~10年と言われていますが、具体的な期間について個人信用情報期間から連絡がくることはありません。

登録から解除されたか調べるためには、個人信用情報機関に対して有料の情報開示請求をするしかないです。債務整理は法律で認められた借金解決法ですが、実行すると確実にブラックリストに載ります。弁護士に相談して債務整理をした場合はもちろん、簡易裁判所を通して自身で借金整理をする特定調停もブラックの対象です。

債務整理とは借金を自己都合で減額してもらう方法ですから、一定のペナルティを受けるのは仕方ないでしょう。ブラックの期間中はローンやクレジットの類は利用できないので、収入・貯金の範囲内で生活を組み立てることになります。

借金生活からの脱出を機会に、家計管理を健全化させておきましょう。

(借金が原因で債務整理をするときにはその期間について弁護士に相談することが大切)

弁護士に借金相談をするだけなら問題なし

弁護士を通して借金解決をするとブラックリストに載りますが、借金相談をするだけなら大丈夫です。弁護士と委任契約をして債務整理が実行された場合のみブラックになるわけです。弁護士に相談をするだけなら、債権者や個人信用情報機関に対して相談の事実を知られることはありません。

ただ弁護士に借金相談をする状況に陥っている場合、現実的に債務整理なしで解決することは困難です。債務整理が必要かどうか見極めるポイントとなるのは、完済までの計画が立つかどうかです。完済できない借金は永久に終わらないので、いつかは債務整理をすることになるでしょう。

過払い金請求は原則としてブラックリストに載らない

以前は過払い金請求をした場合も債務整理とみなされ、ブラックリストに載っていました。しかし現在は過払い金請求のみで借金を解決できた場合は、ブラックになることはありません。そもそも過払い金とは借入した元金ではなく、余分に支払った利息なのです。

ローンを利用すれば所定の利息を支払う必要がありますが、所定の利息を超えたグレーゾーンの部分は支払いする義務がありません。そのグレーゾーン部分を回収するのが過払い金請求であり、もとはと言えばすべて自分のお金です。

自分のお金を回収する行為にペナルティを課されるのは理不尽ということで、現在はブラックリストに登録される心配はないのです。ただし過払い金請求をしても多額の借金が残ってしまうと、その後に債務整理をする必要性が出てくるでしょう。

この場合は債務整理を実行することになるので、ブラックに登録されてしまいます。もちろん過払い金請求をしたあとに残った借金を一括返済すれば、ブラックに載る心配はありません。過払い金請求は借金返済中はもちろん、返済が終了したローンに対しても手続きができます。

実質年率20.0%を超える金利で借りていた場合は、それがグレーゾーンで借入していた証拠です。注意したいのは過払い金には時効があることで、金融機関との最終取引から10年が経過すると弁護士を通しても回収できなくなります。

(借金の解決は弁護士に依頼するのがオススメ)

借金の長期延滞もブラックリストに

弁護士に債務整理の依頼をした場合はもちろん、キャッシングなどの返済を長期延滞した場合もブラックリストに登録されます。数日程度の延滞ならまだ大丈夫ですが、延滞が2ヶ月も継続するとブラックになります。延滞が続くと融資機能をストップされる可能性があり、肝心なときにキャッシングが利用できなくなるケースがあります。

金融機関が用意してくれた融資限度枠は、信用力に応じて設定されるものです。延滞をして信用力が落ちてしまえば、限度枠を減額されたり融資機能を凍結されたりするのは仕方ありません。

申し込みブラックになる状態とは

キャッシングの審査通過率は70%程度と言われており、1件目では借入できないケースがあります。そこで立て続けに申し込みをしようと考える方が出てくるわけですが、申込履歴も個人信用情報機関に登録されるのです。

月に3~4回の申し込みをすると危険だと言われており、申し込みブラックになると6ヶ月程度は借入ができなくなります。債務整理をした場合と比べて登録期間は短いですが、今すぐにお金が必要という状況では非常に困ります。

ローンの申し込みをするときは、無理のない希望額を設定して1件目で借りられるようにしたいものです。

返済できない借金はブラックリストに登録されても弁護士に相談を

すでに延滞をしている借金を、正常な返済サイクルに戻すのは簡単ではありません。現実的に見ても2~3ヶ月の延滞を解消するのは困難で、いずれ債務整理が必要なときがくるでしょう。何より2ヶ月の延滞をすればブラックリストに載るので、すでにこの段階にあるなら債務整理をするデメリットは小さいと言えます。

借金は放置して解決するものではなく、引越しするなどして逃げても居場所を突き止められる可能性があります。いつ貸金業者に見つかるか考えてビクビクした生活をするくらいなら、思い切って弁護士に債務整理の依頼をしましょう。

法的に借金の解決をすれば債権者からの取立て・嫌がらせがくることはなくなります。キャッシングやカードローンの債務整理をしても、ブラックになった事実が家族に知らされることはありません。ただし家族共有のローンにおいては、借入できなくなるのでバレる可能性はあります。

債務整理をするとすべてのローンやクレジットカードの利用が不能になるので、カード払いをしている方は注意してください。債務整理の影響が家族に及んでしまう場合は、事前に話しておく必要があるでしょう。ただし利用不能になるのは自分名義のカードだけであり、自分以外の家族名義のカードに関しては債務整理やブラックリストの影響が及ぶことはありません。